MENU

青ヶ島が生んだ自然界の「奇跡の賜物」ひんぎゃの塩

伊豆諸島最南端の青ヶ島から東京都産の海水塩のご提案です。青ヶ島は、東京から南に358km、八丈島からは70kmのまさに絶海の孤島で、映画「君の名は」のモデルになったともいわれている緑豊かで美しい島です。この島の火山の蒸気と黒潮の海水で作られる塩こそがテレビで紹介される人気のお塩「ひんぎゃの塩」です。栄養素を多く含み豊富なカルシウムがほのかな甘みを感じさせます。一流シェフも絶賛の青ヶ島が生んだ自然界の「奇跡の賜物」をぜひお試しください。

ひんぎゃとは?
太平洋に浮かぶ青ヶ島。島には「ひんぎゃ」と呼ばれる火山の噴気孔があります。一般的に噴気孔からは蒸気と一緒に有毒ガスも出ており、近づくことはできません。ところが「ひんぎゃ」からは奇跡的にほとんど有毒ガスを含まない蒸気が噴出しております。電気の無い時代は暖房や調理に利用しており、今では青ヶ島の観光スポットになっております。

塩本来の旨み
この「ひんぎゃ」の蒸気を利用して作られているのが「ひんぎゃの塩」。海水を時間をかけて結晶化させているので、まろやかな味わいと塩本来の旨みが味わえます。また、青ヶ島近海の黒潮の海水は、生命の源である栄養素を多く含んでいるといわれ、濃縮、乾燥させる事で、さらさらした使いやすい塩に仕上げました。
日本一の塩を目指して、島内の塩職人が丹精込めて精製された貴重なお塩をぜひお試しください。